calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

others

[たちぎれ線香売りの少女]折込のご案内

> 各カンパニー制作ご担当者様

ナントカ世代『たちぎれ線香売りの少女』の折込のご案内です。
2月27日(木)13時〜
220部
一斉折込となっております。

あらかじめのご連絡等は不要です。
チラシ1種類につき、ご担当の方1名お越しいただきますようお願いいたします。

<メディア情報>演劇ぶっくに掲載いただきました。

演劇情報誌「演劇ぶっく」2月号に、ナントカ世代の新作『たちぎれ線香売りの少女』の公演情報を掲載いただきました。


稽古場の様子など、ツイッター、このブログ等でも少しずつアップしてまいります。

「たちぎれ線香売りの少女」公演概要

前回の更新からものすごく間が空いてしまいましたが、本年もナントカ世代をどうぞよろしくお願いします。
ツイッターを始めると、ブログとの役割分担がよく分からなくなるというありがちなワナに完全に引っかかっているナントカ世代より、次回作の公演情報を今更ながらお知らせ差し上げます。

ナントカ世代
『たちぎれ線香売りの少女』
原作/ハンス・クリスチャン・アンデルセン「マッチ売りの少女」,古典落語「立ち切れ線香」
脚本・演出/北島 淳

◆日時
2014年2月28日(金)-3月2日(日) 4stage
  • 2月28日(金) 19:30-
  • 3月1日(土) 14:00-/19:00-
  • 3月2日(日) 14:00-
<開場は開演の30分前から>

◆会場
アトリエ劇研
 
◆出演者
浦島 史生(柳川)
延命 聡子
永榮 紘実
金田一 央紀(Hauptbahnhof)

◆チケット
一般 1,800円(前売・予約/当日券は2,300円)
学生 1,100円(前売・予約/当日券は1,500円)
ペア 2,800円(前売・予約のみ)

◆イントロダクション
自動車がまだ高嶺の花だった時代、幅員四四メートルに及ぶ御堂筋を造る都市計画を披瀝した関市長に「船場の真ン中に飛行場でも作るんか?」と大阪の町衆は冷や水を浴びせたと言う。

そんな町をあっち側とこっち側に分かつ大通りで死体が発見された。
正面から一突き、胸にはエビが刺さっていて即死だったらしい。

やおら騒ぎ始めた夜明けの町のこっち側で、男は買い上げたマッチがうまく擦れない。

最近、薬のネット販売を始めたパブのママはどうやら脳をやられているようで、「もう長くはないんですよ」。かれこれ三〇年くらい言い続けているが一体いつ死ぬんだろう?

ナントカ世代。冬。
童話と落語を噛み砕きすぎてもう恋の演劇。
 

観劇ハシゴのススメ!

ナントカ世代の本番のある週は、こんなに劇場が少ない京都のまちに公演がごつい数重なっております。

と、いうことで、そんな惑星直列な京都を、ぜひとも観劇ハシゴをしていただければわれわれ演劇に携わる者がハッピーに、ということで状況をまとめてみました。

DFG Osakaさまがまとめておられる公演情報のうち、ストレートプレイに属すると思われる愛知京都演劇プロジェクト様,ソノノチ様,夕暮れ社 弱男ユニット様,同志社小劇場様,月面クロワッサン様+やみいち行動で組み立てます。
観劇ハシゴにナントカ世代が組み込まれてなくとも構いません。ぜひ劇場にたくさんの方に足を運んでいただきたいと存じます。
(以降、敬称略)
※勝手にウェブの情報を手で取りまとめただけのものです。ハシゴにあたっては必ず各カンパニーの公式サイト等をご確認ください。また、開演時間等間違いがあればご指摘ください。修正します。

6月21日(金)
◇18:00-
 同志社小劇場(烏丸今出川)
◇18:30-
 夕暮れ社弱男ユニット(四条木屋町)
◇19:00-
 
 愛知京都演劇プロジェクト(四条烏丸) / 月面クロワッサン<プレビュー>(四条木屋町) / ナントカ世代(洛北)
◇19:30-
 ソノノチ(烏丸高辻付近)
◇24:00-
 やみいち行動(百万遍)
と、いうことで、21日(金)にハシゴするなら「どこかお好みのカンパニー」→食事→「やみいち行動」というので決まりでしょう。
ちなみに、桐山泰典氏は「ナントカ世代に出演」→「やみいち行動に出演」というハシゴをする予定です。


6月22日(土)
◇14:00-
 同志社小劇場(烏丸今出川) /愛知京都演劇プロジェクト(四条烏丸) / ナントカ世代(洛北)
◇15:00-
 ソノノチ(烏丸高辻付近)
◇15:30-
 夕暮れ社弱男ユニット(四条木屋町)
◇18:00-
 同志社小劇場(烏丸今出川) / 月面クロワッサン(四条木屋町)
◇19:00-
 
 愛知京都演劇プロジェクト(四条烏丸) / 夕暮れ社弱男ユニット(四条木屋町) / ナントカ世代(洛北)
◇19:30-
 ソノノチ(烏丸高辻付近)
◇24:00-
 やみいち行動(百万遍)
と、いうことで、22日(土)は「14:00開演の公演」→軽食→「18:00〜19:30開演の公演」→食事→「やみいち行動」又は「15:00〜15:30開演の公演」→軽食→「19:00〜19:30開演の公演」→食事「やみいち行動」などなら余裕を持ったリッチな土曜日になるかも。月面クロワッサン様が夜しかないので、それを軸に予定を立ててみるのも一手かもしれません。
ちなみに、桐山泰典氏は「ナントカ世代に出演」→「ナントカ世代に出演」→「やみいち行動に出演」というハシゴをする予定です。


6月23日(日)
◇11:00-
 月面クロワッサン(四条木屋町)
◇11:30-
 ソノノチ(烏丸高辻付近)
◇13:00-
 ナントカ世代(洛北)
◇14:00-
 同志社小劇場(烏丸今出川) /愛知京都演劇プロジェクト(四条烏丸)
◇15:00-
 ソノノチ(烏丸高辻付近)
◇15:30-
 夕暮れ社弱男ユニット(四条木屋町)
◇17:00-
 ナントカ世代(洛北)
◇18:00-
 月面クロワッサン(四条木屋町)
◇19:00-
 
 夕暮れ社弱男ユニット(四条木屋町) / やみいち行動(百万遍)
23日(日)はもうほとんどパズルです。ナントカ世代的には「早めの公演」→「ナントカ17時」or「ナントカ13時→遅めの公演」とかに組み込んでいただくと大変うれしいのですが・・。月面クロワッサン様は月曜日にもマチネ・ソワレともに上演されるとのことですので、四条近辺で近いところを回るのも、左京区を移動するのも、京都市内を縦断するもの色々考えられます。
ちなみに、桐山泰典氏は「ナントカ世代に出演」→「ナントカ世代に出演」(公演中に出番が終わり次第退出)→「やみいち行動に出演」(遅刻するかも)というハシゴをする予定です。

22日/23日は交通規制が入るとの情報が入っております(未確認)。定時制の確保が見込める地下鉄の使用や、自転車の活用等をご検討ください。

<メディア情報>シティリビング京都に掲載いただきました。

「オフィスで働く女性ならではの仕事に役立つ情報」などをお届けしているフリーペーパー,シティリビング京都版6/7号に、ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』の公演情報を掲載していただきました。


ぜひ街中で見かけましたらお手にとってご覧いただければ幸いです。


<メディア情報>Lmaga.jpに掲載いただきました。

 、関西人による、関西が好きな人のための、関西を24時間遊べる、関西の情報サイトLmaga.jpにて、ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』の公演情報を紹介いただきました。



ライター様からの「原作破壊者」としての期待をひしひしと感じながら、そのとおり今回も原作から軽やかに飛躍した作品づくりを目指して毎日稽古を重ねています。

<メディア情報>シアターガイドに掲載いただきました。

演劇情報誌「シアターガイド」7月号に、ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』の公演情報を掲載いただきました。


右端の田中さん、ステキな俳優さんです。

6月1日から4日にかけて、美術製作が追い込みをかけております。

舞台美術も制作すすめています。

世間様に遅れることなくブログをサボりがちとなっております。

京都芸術センターで粛々と稽古は進んでいます。
そして、京都芸術センターで行われているのは稽古だけではございません。

今回新たに美術に加わった河村・窪田両氏とプランナーの丸山氏による美術製作も進んでいます。

ラフ画。あっさりしていますが本当は・・・になる予定。

稽古で必要な道具は先に作っていただきました。
色や化粧なんかは今からですが。

<メディア情報>演劇ぶっくに掲載いただきました。


演劇情報誌「演劇ぶっく」6月号に、ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』の公演情報を掲載いただきました。
「えんぶ情報館」もちょこっと掲載いただいています。

本日の稽古場で、以前に演劇ぶっくに北島のインタビュー時期を掲載いただいた際、キャラにないさわやか写真を掲載されたことが思い出されました。きっとナントカ事務所のどこかに掲載号があるはずです。

ナントカ世代『その十字路の先を右に曲がった。』

遅くなりましたが、人材募集、思い切ってやってみましたら、思いがけず沢山のご応募をいただき誠にありがとうございました。

俳優をはじめ、スタッフとしての応募など、ひっそりブログとtwitterで告知した程度にもかかわらず、10名を超える方にナントカ世代に関わりたいとの連絡をいただきましたこと、あらためて御礼申し上げます。

この度の人材募集は、選考(オーディション)を経まして、俳優2名、スタッフ3名を新たに採用してナントカ世代第14回公演『その十字路の先を右に曲がった。』、鋭意制作してまいります。

詳細は、ナントカ世代ホームページからご確認ください。

まもなくチラシも出回り始めます。
今後もナントカ世代をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

<< | 2/56PAGES | >>